テーマ:模型

Fujimi 1/700 大和を作る-その10

 「その10」です。水上機の製作です。  部品を切り出しますが、エッチングのプロペラがありますのでスピナーを切って保管しておきます。風防部分は削り落として、後で波を作るのに使う素材(養生すると透明化する樹脂)で形を作って載せます。  組み立てて塗って、デカール貼ってカタパルトに載せます。いつもの作業なので端折…

続きを読むread more

「赤城に急降下!」 「何っつ?!」

 以前製作した1/350のハセガワの赤城をケースに入れているのだが、事故発生…orz  ディスプレイケースに入れていても100%の安心は無い。  だが、「絶対に安全だと思っていたのに」などという人間が往々にしてこういうことをしでかしてしまう。  だからあれ程…と、愚痴を言っても直らない。人間の怪我は放置しておけ…

続きを読むread more

白い粉の恐怖!

 某野球選手OBのお話ではない。模型の話である。  瞬間接着剤を使う時の一般的な注意として「白化現象」というのがある。メーカーのページには発生する原理や注意書きが書いてある。  一般の瞬間接着剤では、接着時にはみ出した部分のモノマーが蒸発し、空気中の水分と反応してポリマーを生成。そのポリマーが被着体に付着して、白い粉をふいた…

続きを読むread more

Fujimi 1/700 大和を作る-その9

 「その9」です。  水上機関係の装備の製作が続きます。  カタパルトの装着です。  運搬台も2つ。  カタパルトと運送台の塗装のついでに副砲上のアンテナを横に置いて一緒に塗ってしまいます。  次回は艦載機です。  今日はココまで。

続きを読むread more

Fujimi 1/700 大和を作る-その8

 「その8」です。  残りの機銃を作り甲板に取り付けます。  艦尾の機銃座を取り付けます。  これにて機銃が終了です。  残りは水上機関係の装備です。クレーンから取り付けます。  今日はココまで。

続きを読むread more

Fujimi 1/700 大和を作る-その7

 「その7」です。  艦橋ブロック部分の空中線を張り終えましたので船体に接着し主砲、副砲も取り付けました。  ここで三連機銃の取り付けになります。今回私用したLionのエッチングでは三連機銃を26個作ります。  銃身を三つ接着します。  銃座を組み立て、ここに三連の銃身を載せて出来上がり。銃座には…

続きを読むread more

Fujimi 1/700 大和を作る-その6

 「その6」です。  艦橋ブロックの作業が続きます。作業が楽なので、船体に取り付ける前に空中線を張ってしまいます。  もう少し空中線を張ってエッチングの機銃を付ければ船体に載せられますが、機銃作りを本能が拒否しています。  主砲砲身の防水布を塗っておきます。養生が終われば主砲の完成です。 …

続きを読むread more

北のミサイルについてどうでもいい事をしてみる

 本日午前9時31分に北朝鮮が予告通り、というか一日前倒しにしてロケットと称する事実上の弾道ミサイル(あ~ぁ、ややこしい)を打ち上げました。  おかげでフジテレビの朝の番組を楽しみにしていた良い子達が沢山泣いたことでしょう…酷いことするな!  さて共同系では早速そのロケットとやらの画像が配信されています。  前…

続きを読むread more

Fujimi 1/700 大和を作る-その5

 「その5」です。  艦橋と甲板上の小物を取り付けます。エッチングの加工がありますので見た目以上に手間取りました。呉色で塗装します。  甲板上の絡車です。後方の副砲下には換気口です。  艦橋ブロックの高角砲と探照灯です。  射撃管制装置のシャッターのエッチングです。ここらはシールド…

続きを読むread more

Fujimi 1/700 大和を作る-その4

 大和再開で「その4」です。  艦橋ブロックの作業中です。エッチングの取り付けで時間が掛かります。  高角砲や機銃は組み立ててから搭載しますのでここで塗装します。  空中線は艦橋ブロックを船体に載せる前に付けるのが楽なのでまだ接着しません。  この段階で主砲、砲身、副砲も一緒に塗装…

続きを読むread more

Fujimi 1/700 大和を作る-(番外編 その5)

 番外編「その5」、最終回です。  養生して引き波が透明になりました。  波頭に「テクスチュアジェル・ブレンデッドファイバー」を塗ります。  煙突に排煙と海水シャワーを貼ります。  波頭を2-3日養生しますがこれで完成です。アクリルケースを被せて閉じ込め完了!  さて…

続きを読むread more

Fujimi 1/700 大和を作る-(番外編 その4)

 番外編「その4」です。  艦載機は3種類(97式艦上攻撃機、99式艦上爆撃機、零式戦闘機)が3機ずつで9機載せます。クリアパーツでキャノピーが透明になります。  キャノピーパーツだけクリアパーツにして後は普通のプラパーツでも良いのかといつも思いますが、別々にするほうがコストが掛かるんでしょうね。  さ…

続きを読むread more

Fujimi 1/700 大和を作る-(番外編 その3)

 大和を作るの番外編「その3」、加賀の製作記事です(あー、ややこしい)  週末に御老公から資料を頂きました。お手元の資料は全て艦首甲板の支柱は4本だそうです。有難うございました。  ただ、ここ5年間程度の調査により、真珠湾作戦以後は6本説というのが定説になりつつあるのだそうで、その考証にも対応できるようにキットも出来ているよ…

続きを読むread more

Fujimi 1/700 大和を作る-(番外編 その2)

 番外編、Fujimi加賀の「その2」です。  急遽製作に入りましたが最近忙しいので、合間をみてボチボチとエッチングを付けています。    頼りは一枚の解説書だけです。  しかし、ここで地雷が…そこで…  ハイ、御老公に質問です!  実は誤植かと思っていましたが艦首部分…

続きを読むread more

Fujimi 1/700 大和を作る-(番外編 その1)

 大和の「その3」ですが急遽割り込みの製作が入りました。  1/700のウォーターラインを一隻贈答用に製作です。  最近は船底部のバラストがコストダウンのためでしょうか入っていません。  この金属板で出来たバラスとがあると模型が歪まないのでホームセンターで似たような金属板を買ってきて固定します。  なぜかバラスト…

続きを読むread more

我流エッチング・パーツ

 大和の製作記事でエッチングパーツについてご質問がありました。  模型雑誌などでキチンとプロの方が説明をされていますので、そちらを拝見されるのが良いと思いますが、一応ご質問なので私の我流のやり方をご紹介させていただきます。  先ずエッチングには「真鍮」と「洋白」の二種類あります。  真鍮の方は柔らかくカッターの…

続きを読むread more

Fujimi 1/700 大和を作る-その3

 「その3」です。年明けから宴会や行事ごとが続いています。模型製作の時間が取れません。  それでも、少しずつですが先に進めています。  これまでの大和は汎用エッチングを使ってきましたが、今回のように専用エッチングを使ったのは初めてです。それなりに使いやすさがあるのですが、一方でパーツが多いので組み立て手順を考えて装着しないと…

続きを読むread more

その筋のエロイもの来ました

 御老公からヒデ社長のブログを見るようにと先の記事のレスで指令が来ました。  なぜ、社長のブログで勝手に通信をしているのか?と大いに疑問に思いつつ待っていると来ました!  対潜哨戒機の編隊が!  ではなく、  自衛隊のカレンダーでした。(一体何処で仕入れてくるんでしょう?)  有難く…

続きを読むread more

Fujimi 1/700 大和を作る-その2

 「その2」です。  木製甲板をマスキングし、今後の作業に干渉しない船体のエッチングを取り付けます。  サフ、艦底色、船底部マスキング、呉色の順に作業を進めます。  マスキングを剥がして船体がほぼ完成です。  今日はココまで。

続きを読むread more

Fujimi 1/700 大和を作る-その1

 本家の製作中の欄に大和と記載している通り大和を作っています。  ちょっと訳アリで大和が必要になりました。  これまではタミヤの大和でしたが今回はFujimiの大和にしてみました。ライオンロアのエッチングを使っています。  舷窓の盲板まであって結構手間取ります。  今日はココまで。

続きを読むread more

靖国神社に初詣

 新年三が日の最終日に靖国神社へ。  新春の運試しに福引に挑戦です。  当ったのは…  登別温泉の薬用入浴剤です。登別の横に(愛称)と入っています。  北海道の会社で作っているのか?と思いきや「北陸化成株式会社」とあります。  住所は石川県白山市相川新町655番地1と記載が……

続きを読むread more

一式陸攻の遭難シーン

 やまつく仲間のヒデ社長が罰ゲームの一式陸攻を製作中ですが、あのシーンの再現を目指しておられます。  こういう場面は記録が無いので再現が難しいと思いますが、そういえば何処かで…と思い出したのが「紺碧の艦隊第一話」です。  幾つかのシーンを抜粋してみました。(画質は敢えて落としています) …

続きを読むread more

1/350U.S.Sエンタープライズ(NCC1701)を作る-その16(最終回)

 「その16」です。今回が本当の最終回です。  ウエザリングデカールを貼り終えましたが、最後の仕上げにつや消しクリアでコーティングです。  クリアといえば、「サフと間違えて噴いたら真っ白、頭の中も真っ白…」というヒデ社長の一言が何度も頭のなかでリピートしてしまいます。  今回使うクリアとサフです。確かに大きさが似ていま…

続きを読むread more

1/350U.S.Sエンタープライズ(NCC1701)を作る-その15

 「その15」です。仕事の追い込みや年賀状書きの合間をぬってデカール貼り作業が続きます。  「全部組み立てちゃうと、貼れなくなるよ」というのは、こういった出っ張り部分があるので「先にデカールを貼ってから部品を付けろ」ということです…とはいえ、既に組み立ててしまっています。  悩んでいても前に進まないので出っ張りに合わ…

続きを読むread more

1/350U.S.Sエンタープライズ(NCC1701)を作る-その14

 「その14」です。  最強の敵を倒したのも束の間、新たな敵「ウエザリング・デカール」が現れ、倒したのは只の四天王と知らされた…  えっ、先に進め?はい、そうしましょう。  切り取ったデカールが乾燥した状態で仮置きします。貼り付け位置が間違っていないかを、模様が正しくつながっていることで確かめます。  先ずは第一…

続きを読むread more

1/350U.S.Sエンタープライズ(NCC1701)を作る-その13 エンタープライズよ永久に!

 「その13」です。船体の組み立てが終わりました。最後にデカールを貼ります。  デカールの位置が説明書に記載が無く不明でしたが、キットの中箱の側面にデカール位置の説明がありました。こういうパターンは初めてです。紙の節約でしょうか?  Save your papers! HA,HA,HA,HA こいつらの価値観は理解できません…

続きを読むread more

1/350U.S.Sエンタープライズ(NCC1701)を作る-その12

 「その12」です。  第一船体を仕上げた第二船体に取り付けます。  ワープナセルはコネクタが接続部と干渉するのでチョット複雑な取り付け手順になります。第二船体内から出たコネクタからのリード線をワープナセル側のリード線に半田付けします。  しかし、電飾キットには「NO SOLDER REQUIRED(半…

続きを読むread more

1/350U.S.Sエンタープライズ(NCC1701)を作る-その11

 「その11」です。  残る大物の第二船体ですが、以前に作ったハンガーデッキを組み込むのですが、またもや地雷が炸裂…  入りません…orz  電飾キットのリード線とLEDが隙間に…というか隙間が無くて入らないのです。使っているのは純正の電飾キットであって、勝手に改造している訳ではありません。ゴルア!!、…

続きを読むread more

エビで鯛………いや、これは!

 1/250で筑波海軍航空隊のジオラマ製作に挑戦中のトコトンおじさんにデアゴの艦載機セットをプレゼントしました。  赤城の飛行甲板を艦載機でメガ盛りしようとデアゴからパーツを購入し型取りしてエポキシパテで複製に使ったのですが、手元に零式戦闘機、99式艦上爆撃機、97式艦上攻撃機が一機ずつとデカールが残りました。  「使われま…

続きを読むread more

次はどうしようかな…

 1/350 Enterprise NCC-1701の製作中ではありますが、次をどうしようかと悩んでいます。  よせばいいのにキットそのままではなく、何か悪戯をしなくては我慢が出来ない身体に…(もしかすると「悪い病気」では?)  以前から準備だけしていていましたが、ある記事を読んでやっぱりやりたくなったことがあります。 …

続きを読むread more